リテーナーいつまで使えば歯列矯正で知覚過敏を防げる?

歯質の過剰な摩耗(通常の摩耗以上の歯の摩耗)。

ビベラリテーナーをいつまで使えばよいか兵庫の矯正歯科医が教えてくれてます。

歯の骨の過度の摩耗(骨棘)。
歯列の圧力による歯の部位の過度の腫れ。
歯列矯正によって引き起こされる過度の歯の知覚過敏。
歯質の過度の磨耗(通常の磨耗を超える歯の磨耗)。歯の骨(骨棘)の過剰な摩耗。歯列の圧力による歯の部位の過度の腫れ。歯列矯正によって引き起こされる過度の歯の知覚過敏。マウスピースの装着時間を守れないこと。マウスピースの装着時間を守らなかったインビザライン矯正では、マウスピースは1日20時間装着することになっています。マウスピース装着時間を守らなかった場合、予定通りに歯が動かず、治療が長引く可能性があります。また、虫歯や歯周病などの口腔内トラブルが発見された場合、歯の形が変わってしまい、マウスピースが合わなくなることがあります。マウスピースを正しく装着するようにしましょう。
マウスピースの装着時間を守らなかったインビザライン矯正は、マウスピースは1日20時間装着することになっています。マウスピースの装着時間を守らないと、予定通りに歯が動かず、治療が長期化する可能性があります。また、虫歯や歯周病などの口腔内トラブルが発見された場合、歯の形が変わってしまい、マウスピースが合わなくなることがあります。マウスピースを正しく装着するようにしましょう。顎や顎のラインに過剰な圧力がかかる。
腰部や仙腸関節の腰部に過剰な圧力がかかる。
歯列矯正で上の歯に過剰な圧力がかかっている。
歯質の過剰な摩耗(通常の摩耗以上の歯の摩耗)。顎の過剰な圧力を補うために、顎と顎のラインを使うこと。マウスピースの装着時間を守らなかったインビザライン矯正では、マウスピースは1日20時間装着することになっています。マウスピースの装着時間を守らなかった場合、予定通りに歯が動かず、治療が長引く可能性があります。また、虫歯や歯周病などの口腔内トラブルが発見された場合、歯の形が変わってしまい、マウスピースが合わなくなることがあります。マウスピースを正しく装着するようにしましょう

リテーナーいつまで使えば歯列矯正で知覚過敏を防げる?
Scroll to top