仮想通貨が使えるおすすめブックメーカーの特徴

ブックメーカーは世界的に普及しており、中でも仮想通貨が使えるサイトが重宝される。仮想通貨が使えると、匿名性を担保できたり資産管理やすいなどのメリットがある。

最近、ビットコインなどの仮想通貨では暴落もあり、資産価値が低くなるリスクもある。ただ、対策できることもありステーブルコインがその一つだ。ドルなどの法定通貨と資産と安定的連動させて、価格変動の問題を解消できる。そのため、最近のブックメーカーサイトではUSDT(テザー)を導入しているところが増えています。

おすすめのブックメーカーの特徴ではステーブルコインのUSDTやアルトコインなど、多くの種類を導入している点がある。導入数が少ないと万が一送金できなかった時のリスクも解消される。5~10種類以上の仮想通貨を使えるところであれば、割と信頼できるだろう。

また、仮想通貨では法定通貨基準での価値が分かりづらいデメリットもある。例えば200mBTCという表示に対して、日本円やドルでどれだけの資産量なのかパッとみて分かりにくい。そのため、ベットコントロールが不十分になってしまう恐れもある。

そこで、仮想通貨と法定通貨の換算機能が重要となる。トラストダイスのブックメーカ・スポーツベットでは、仮想通貨の単位から法定通貨へレートを直してくれるツールがあるので、分かりやすく資産量を確認できる。他にも、1xbetやステーク、ウィリアムヒルなどのブックメーカーが世界的に知名度が高く支持されている。

それと、人気なブックメーカーでは仮想通貨限定のプロモーションを積極的に行っている。ビットコインの入金限定でもらえるボーナスや、イーサリアムを対象にしたキャッシュバックなどがあると、仮想通貨での送金価値は上がるとされる。ただ、注意点として仮想通貨は常に価格変動のリスクを抱えていることも忘れてはいけない。仮にステーブルコインでも運営会社の影響で大暴落の可能性もある。ビットコインも将来的には4万ドルをまた超えてくるとも言われているが、実際のところ確実ではない。ブックメーカーと仮想通貨、両方のギャンブルをしている認識が必要だ。

仮想通貨が使えるおすすめブックメーカーの特徴
Scroll to top