夕食を重いものにすることをやめるダイエット方法について

中学1年生の夏休み明けに学校へ行った時に友人から「少し太ったんじゃない?」と言われました。私は夏休みにスタミナをつけるため焼き肉を毎日のように食べていたのがたたったと思い痩せなければと自覚するようになったのがきっかけです。
私が実践したダイエット方法は、食事を夕食を重いものにすることをやめたこととドカ食いをすることを止めたことでした。そしてどのようなおかずが付いていたとしてもまず野菜から食べ始め、お肉などは一人前以上は食べないことでした。
夕食に重いものを食べるのを止め、昼食に脂物やお肉のような満腹になる元を食べるようになったおかげで、日中の活動している間に消化吸収され夜まで満腹状態が続かないので、体重もお肉を食べても増えることなくむしろ減少傾向がみられました。また昼ぬいた分夜にたくさん食べるといったドカ食いを止めた結果、徐々にではありますが体重も減り、血液検査でのコレステロール値や血糖値も下がりました。友人からも半年後「少しやせたんじゃない?」と言われました。
お勧めしたい人は、特別な運動をすることなく無理なく日常生活の中で自然なダイエットを望んでおられる方、血糖値やコレステロール値が高めな方、半年くらいを目安にダイエット効果を望んでいらっしゃる方です。お薦めしたくない人は、即効性(短期間でダイエット効果)を望んでおられる方、一人分の食事量では物足りない方、ドカ食いを避けられないお仕事の方、等です。
食事でボリュームのあるものはできるだけ昼食で摂るようにし、やむを得ず夕食で摂らなければならない時には夜遅く9時以降の食事は避けることをお勧めします。また、ドカ食いを避けて間食も含めて3~4食に分けて一人分ずつ召し上がることをお勧めします。

夕食を重いものにすることをやめるダイエット方法について
Scroll to top