期間工と正社員ってどっちの方が待遇が良い?おすすめはどっち?

期間工が正社員になると給料は下がるのですか?
期間工が正社員になるメリットは何ですか?
正社員になると、安定した雇用と高い社会的信用を得ることができます。
しかし、正社員になると一時的に給料が下がるため、
「期間工のままの方がいい」
と考える人もいます。
では、本当に期間工と正社員のどちらが良いのでしょうか?
今回は、期間工が正社員になることのメリット・デメリットを比較していきます。
正社員になるかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。
①収入に余裕があるから一定期間だけ期間工でもいい。
②将来が不安だから正社員になりたい。
この2つの思いの間で揺らいでいるのではないでしょうか。
期間工でも十分な給与を得ることは可能です。
しかし、期間工のままでは「将来が安泰」とは言えません。
そのため、有期雇用労働者として扱うか、将来の労働者として扱うか、判断が非常に難しいところです。
正社員の良い点、悪い点をそれぞれ見ていきましょう。
経験1年目でこれだけ稼げる仕事はそうそうない。
これは、期間工の方が基本給が高く、ボーナス(満了慰労金)も多く、入社時の待遇が良いからです。
そのため、上記のデコトラやトップクラスのメーカーに就職すれば、1年目から年収450万円も可能です。
これだけ稼げれば続けられると思うかもしれません。
正社員になってから3ヶ月間は「試用期間」といって、20代の初任給の水準まで給料が下がります。
以上のように、正社員になったばかりのころは給料があまりよくありません。
しかし、正社員には「昇給制度」があり、年齢や役職に応じて段階的に給料が上がっていきます。
正社員であれば、勤続年数に応じた昇給が必ずあります。正社員として10年働けば、年収は600万円くらいになります。
さらに、昇進すれば1,000万円近い年収を得ることも夢ではありません。
しかし、期間工はどんなに頑張っても年収500万円以上を得ることは難しいです。
そのため、長く働くことを考えるのであれば、正社員になった方が確実に生涯年収が高くなります。
一度正社員への夢を考えてみてはいかがでしょうか。
コチラのページでは、期間工から正社員になりやすいメーカーをランキング形式で発表しています。
期間工から正社員になりやすいランキング
期間工選びの参考にしてください。

期間工と正社員ってどっちの方が待遇が良い?おすすめはどっち?
Scroll to top